カードローンの「おまとめローン」と「借り換えローン」の違いは?どっちがおすすめ?

意味としてはどちらも同じと認識してください。複数の貸金業者からの借入をまとめる役割がある点において、おまとめローンとカードローン借り換えは同じ定義になります。ただしカードローンのおまとめローンとなると、いろんな使い方ができますので、そこにこそ違いがあります。

おまとめとなると、専用の他に銀行カードローンがあります。銀行カードローンというのは、限度額が大きい特徴を持っています。消費者金融は収入証明書なしで50万円までが限度になっていますが、銀行カードローンになると数百万円が限度枠になります。使い道は事業資金以外であればなんでもOKになっていることから、もちろん借り換えでも可能になり、さまざまな用途に使うことができる点においておすすめと言えるでしょう。

おまとめと借り換えどちらがおすすめと聞かれると、明確な違いがあるわけではありませんので、どちらを選んでも構わないということになります。ただし商品についてはよく掘り下げてみる必要があることを知っておきましょう。おまとめにしても借り換えにしても、現在借りている貸金業者の金利が低くなければ、乗り換える必要性がありません。ここは重要なポイントです。

おまとめにしても借り換えにしても、行うメリットというのは、返済する総額が少なくなること、そして毎月の支払金額が減ることになりますので、この点については現状よりも緩和されるカードローンを選ぶことをおすすめします。必ずこの2点についてはしっかり確認をしてください。